耳鳴りの治療

常にセミが鳴いている。
「ブーン」という耳の近くで虫が飛んでいるようだ。
「キーン」と高い音が続いている。

耳鳴りは基本的に治りにくい症状というのが、
我々治療家の間での認識です。

病院にかかっても、
「もう治らないよ」
と医師に言われている方がとても多くいらっしゃいます。

確かに加齢により起きている耳鳴り。
これは実際難しいことが多いです。

しかし高齢でなくても、
「もう10年以上耳鳴りがしている。」
とお悩みの方はものすごく多いのが現状です。

そして、かなり数のの方々が、
耳鳴りは一生付き合っていくものだと腹をくくっているようです。

耳鳴りとは

耳鳴りとは、実際に音が鳴っているわけではないのに、
耳元や頭の中で音がすることです。
聞こえる音も人によりけりで、高い音・低い音。
虫が鳴いているような音、金属音の様なものと様々です。
頭部の病気が原因で耳鳴りがする場合もあれば、病院で検査しても聴力検査以外では異常がない場合もあります。

耳鳴りの原因

耳の構造(内耳、中耳、外耳、)でどこに問題があるかで大まかに2つ分けられます。

伝音性難聴

中耳〜外耳に起こる問題によりおきた耳鳴り、難聴を伝音性難聴と言います。

感音声難聴

内耳〜脳までの聴覚路でおこる以上によりおきた耳鳴り、難聴を伝音性難聴とと言います。

自律神経などからくる難聴

上記の二つ以外にも、精神的なストレスが過多なとき、首肩こりがひどいときなどにも耳鳴りがおきます。

病気から起こる耳鳴りもあります

上記の原因で耳鳴りが起こるわけですが、
病気によるものもあります。

メニエール症候群、突発性難聴、聴神経腫瘍、前庭神経炎などなど。
疾患名をあげるとキリがないです。

脳に腫瘍がある耳鳴りなどは基本的に治療院の範囲外ですが、
腫瘍の手術後の耳鳴りなどは治療できます。

整体や鍼灸による治療の場合、
ある程度は現代医学の診断は参考にしますが、病名はあまり関係ないです。

なぜなら、東洋医学の場合は、
同じ病名であっても、患者さん個人個人によって施術の方法が変わってきます。

例えば「突発性難聴」と診断されてから、耳鳴りで悩んでいるAさんとBさんがいるとします。
同じ病名だったとしてもAさんの耳鳴りの原因は肝臓。Bさんの耳鳴りは腎臓。
というように原因となっているモノが違うため施術法も変わってきます。

そのため、整体や鍼灸では病名はそこまで関係がないのです。

ではかんなり治療院では何をするのでしょうか?

当院での治療法は

当院では耳鳴りであろうと、他の症状であろうと、
経絡というエネルギーの流れの問題と内臓の状態を見てから治療をしていきます。

経絡と内臓は密接につながっているので、
経絡の状態を改善させると内臓の状態も改善することができます。

実際に耳鳴りの患者様を診ていて異常が出やすいのは、
腎臓肝臓
特に腎臓が関与していることが多いです。

この二つの問題がベースにあると、
それらにつられて骨格も歪み、諸症状を引き起こします。
耳鳴りも例にもれません。

経絡・内臓の調整の後に、骨格の調整をしていきます。
ダイレクトに耳鳴りに関わるのは頚椎や頭蓋骨なのでその調整をします。

そのほかでいうと、
耳鳴りは精神的なストレスが原因の場合も結構数に上りますので、
そのような傾向が見られた場合は、それに対する処置をしていきます。

最後に

耳鳴りをもうこのままだと諦めている方は非常に多いです。
もし、そうであれば当院があなたの力になります。
当院が最後の治療院になるよう全力で施術させていただきます。

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->