日本語の力

こんにちは。
福岡の博多・天神から近い赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

昨日は午後から休診にして、
あるセミナーへ行ってきました。

あるセミナーとは、
言霊「ゲンレイ」について。
「コトダマ」ではないんです。

日本語の持つパワーと「ゲンレイ」について学んできました。

最近、言葉や文字が発する力というものに興味を持っていまして、
それもあり、「文字化力強化合宿」というものにも参加しています。

さて、そのセミナーでどのようなことを学んだのかを簡潔に書いていきますと、
(書けない内容もあるので、大丈夫そうなやつだけ書きます)
1)
白川伯王神道というものがあり、明治時代に宮中から世に出てきたものということ

2)
「ふりがな」というのは、聖徳太子が漢字を「かな」に当てはめた。
漢字を読むためにつけたのではないということ。
それにより日本人は漢字を自在に使えるようになった。

3)
穢れは「氣枯れ」。
葉室頼昭著 神道のこころにも載ってますね。

4)
古事記はすごいことがたくさん書いてあるんだぜ!
宇宙科学・量子力学・ウンタラカンタラ・ナンマンダブナンマンダブ・・・・・

5)
言霊と書いて「ゲンレイ」と読む
「ゲンレイ」は放送禁止用語。
なので「コトダマ」とか違う意味の読み方になったんだっけかな?
ん?ブログに書いていいのか?

6)
日本語ってすごいぜ!

という内容でした。

いやはや、この日本という国に生まれて、
本当よかったです^^

たくさんの氣づきと驚くような内容がたくさんでしたが、
「ふりがな」の話は大変衝撃的でしたね。

漢字に仮名を当てはめたのだはなく、
仮名文字に漢字を当てはめていった。

多分、この解釈で合ってると思うのですが(笑

これからも日本語を大切に使っていくぞ、と思った1日でした^^

The following two tabs change content below.
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。

最新記事 by 神成 恭太 (全て見る)