田七人参サプリ試してます。

こんにちは。
福岡の博多・天神から近い赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

最近「田七人参」って流行ってるんですね。

色々とサプリメントやお茶やらが出ていて、
糖尿病や高血圧、更年期障害に効くんだとか。

うちの家系は糖尿病家系で、
母親は糖尿病。

というように膵臓が弱い家系なんですね。

糖尿予備軍家系に属しているものとしては、
ちょっと気になりますよね。

ま、この話元々は患者さんから聞いた話なんです。

田七人参サプリメントで、
99%が田七人参。
残りの1%もつなぎで玄米を使っているだけ。

っていうのがあるんですよ、ってね。

ちょっと聞いた時びっくりしましたね。
大概サプリメントは「つなぎ」や商品劣化防ぐために、添加物を入れます。

これが日本の場合は規制がゆるゆるなので、
メーカーによっては生きた栄養素が入っていなくて、
体に良いとは言えない添加物がボーン!と入っている。

と、以前にミネラルや腸の専門家で、
サプリメントなどの作成にも携わっている先生から聞いたことがありました。

なのに、田七人参以外はつなぎとして玄米のみ。
めちゃくちゃ田七人参そのまま!
ってことですね。

そりゃすごい。

でも田七人参って何だっけ?
私も以前聞いたことあるのは高麗人参よりも高価で、
希少価値が高いものだということくらいです。

そんなことで興味が出たので調べてみました。

田七人参とは

中国の雲南省と広西省の限られた土地の高地で栽培されていて、
「不金換」:金にも変えがたい
と言われるくらい高価な人参です。

生産にはかなりの年月が必要。
三七と言われるくらい、タネを蒔いてから収穫するまで3年〜7年の年月を必要とします。

また止血の特効薬として有名で、
ベトナム戦争時代には止血の薬として使われていたようです。

高麗人参や普通の人参との違いは?

薬として使われる人参はウコギ科
我々が普段食している人参はセリ科
成分も違う全く別のものなんですね。

田七人参も高麗人参もウコギ科。

主成分はサポニンという成分で、
これが薬効が高いんですね。

このサポニンも現在わかっているだけでも約200種類ほどあり、
その種類や含有量により、効果の出方が変わるようです。

高麗人参と田七人参との違いは、
どちらも我々が生きて行く上で必要な氣・血を補給することのできる、
高い薬効のあるものです。

高麗人参は、副作用として高血圧やのぼせ・動悸な度が起こることがありますが、
田七人参は、高麗人参に比べて優しく作用していき、副作用が出にくいということがあります。

もう一つは有効成分のサポニンが、
高麗人参の4倍もあるらしいです。

そういったことから、
サプリメントで手軽に摂取するには田七人参の方がいいのでしょう。

農薬をどれだけ使っているのか?これ大事

中国で栽培されている漢方薬は、
かなりの量の農薬が使われていることが多くあります。

田七人参についても例外はないようで、
農薬をたっっぷり使っているモノに関しては、
薬効がどれだけある、ということではなく農薬による害が心配になってきてしまいます。

したがって、精製方法や農薬の使用の有無などはっきりと書いてあるものを購入した方が良いでしょう。

日本で販売している田七人参のサプリメントやお茶は、
すでにその辺のことは解決しているものが多いようです。

ドラッグストアの店頭に置いてあるようなやたら安いものでなければ大丈夫だと思います。

それらを踏まえて私も購入してみました。

で、効能は

・肝機能改善
・糖代謝の改善(血糖を筋肉に取り込む作用を強める)
・腎機能保護
・血流改善(中性脂肪を減らすらしいです)
・免疫力を高める作用

他にも色々あるようですが、
私が目をつけるとしたら、
・肝機能改善
・糖代謝改善
の二つですね。

他の作用は、なんか他のサプリでも同じこと言ってそう・・・
という氣もしますので。

腎機能と書いてありますが、
腎機能がかなり低下している方の場合、
薬理効果がきちんとわからない状態で服用すると病状悪化することあるので注意が必要です。

神成が購入したのは

他の田七人参のサプリや粉末を見ると、
どのメーカーも無農薬や添加物を入れないで販売しているようです。

すごいですね。

サプリは添加物がバリバリ入っているのが当たり前だと思ってましたから。

その中で、
有機JAS認証。
国際有機認証(IFOAM)
この二つを取得している白井田七を購入することにしました。

こんなパッケージ。 120錠入りで1ヶ月分。 瓶タイプもあるようです。

ほのかに高麗人参に似た香りが。 焼肉屋で高麗人参酒飲んだ時を思い出します。

自分勝手な解釈だと、
サポニンの含有量や効能はメーカー同士を比較したところで、
優位差はでないと思います。

そうなると、
どれだけ安全なものにするか。
ってところですよね。

この白井田七は、99%が田七人参、残りの1%もつなぎで有機玄米を使っている
申し分ないですよね。

ちなみに玄米は農薬使ってると、胚芽の部分に農薬がメッチャ溜まります。

値段は1ヶ月で6,480円。
ま、安くはないですが、
初回は3,980円キャンペーン中ということで現在試しています。
※体に合わない場合15日以内に返品すれば返金保障もしているようです。

自身の体で試して、1週間くらい、
目立った変化はないですが、なんとなく良さそうです。

白井田七を持って筋力検査(キネシオロジーテスト)しても、
悪い反応が出ないので、体に合っているようです。

最低3ヶ月は継続して体の変化を観察していきます。

私が飲んでいる白井田七がこちら⇩

The following two tabs change content below.
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。

最新記事 by 神成 恭太 (全て見る)