ゆびゆら整体の耳鳴り症例 その1

こんにちは。
福岡の天神・赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

今回の記事は耳鳴り治療の症例を書いていきます。

今の医療者の認識で耳鳴りの治療は、
難しいものと捉えられています。

耳鼻科のお医者さんも、我々の様な鍼灸・整体の人間も。

最近、ゆびゆら整体という、
指を揺らすだけの治療法を京都の鎌田先生から学びました。

最近、ゆびゆら整体の症例を仲間の中でシェアしているんですが、
一般的には難しいと考えられていた症状も良くなってしまうので、
驚いています。

で、今回は私が耳鳴りの患者さんにゆびゆらした時の症例を。

耳鳴りは結構難しい症状と、
私自身も考えていましたので、
実際調整してどれだけ変わるかな〜、と楽しみながらやってみました。

では実際の治療は・・・

いきなり指揺らすだけで、
治療が終わってしまうというのもなんなので、

まずは基本的ないつもの治療をぱぱっと済ませます。

そのあとゆびゆらへ。

耳鳴りの症状にフォーカスアップしてもらい、
ゆびゆらしていきます。

ゆらゆら。

ゆらゆら。

ゆらゆら。

施術後、両方の耳鳴りがあった患者さん。
「ん?右の耳鳴りがなくなっているぅぅぅぅ!。」
とのこと。

あらら、指揺らすだけで耳鳴りにも効いちゃった(笑

いつもだったら、
耳鳴りに関係する五臓六腑の関連性を探って〜
ウンタラカンタラとするんですが(苦笑

ゆびゆらするだけで変わってしまった。

笑うしかないですね。

我々医療者が、勝手に症状を複雑に解釈して、
患者さんにもその情報を与えることでより複雑化しているのかもしれない。

と思い始めた今日この頃です。

The following two tabs change content below.
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。

最新記事 by 神成 恭太 (全て見る)