広島での氣付きと学び

こんにちは。
福岡の天神・赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

私、広島に行ってまいりました。

なぜ広島に行ったのか?

それは、よっこさんこと横川裕之さんの主催する日本一のランチ会に参加するためです。

この日本一のランチ会。
毎回ゲストスピーカーとして、業界で活躍する方のお話を聞くことができます。

今回は、酔拳の世界チャンプのリー・レノン先生。

今回ランチ会に来る前に、リー先生の動画を観て、めちゃめちゃ楽しみにしておりました。

リー先生は武術の達人。

実は私、
高校生の時に「拳児」という漫画が大好きで、実際に中国武術を学んでいたこともあります。

もちろん、ブルース・リーもジャッキー・チェンも大好きです。

ジャッキー・チェンは映画で酔拳の映画もやってましたよね(^^)

そんなこんなで楽しみにしていたんです。

さて、
実際にリー先生の講義はどんなんだったか。

結論から言うと、
めちゃくちゃ楽しかった。
そして学び・氣付きがありました。

具体的な内容は言えませんが、
武術と武道と格闘技の違いは何?とか。
武術とは本来どういうものなのか?とか。

その武術とは?
というところがまたすごい…

あまり書くことできないので、
簡潔にまとめると、

日本人に生まれて良かったな(^^)
って思いました。

The following two tabs change content below.
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。

最新記事 by 神成 恭太 (全て見る)