HOME症例集頚椎症・頚椎ヘルニアの治療例 › うつ病と診断されている患者様の頚椎ヘルニア

No.010うつ病と診断されている患者様の頚椎ヘルニア

患者情報
50代
男性
求職中
初回来院
2016年27月
症状

頚椎ヘルニアによる左の首〜肩〜腕にかけての激痛。
6月20日の早朝から症状が出始める。病院でMRIを撮り頚椎ヘルニアと診断。

現在まで、ペインクリニックでの週1回のブロック注射。
リリカ(強い鎮痛剤)を1日に75ミリを 朝2回 昼1回 夕1回 寝る前2回
飲むんでいる。

それでも、寝てる間痛くてあまり眠ることができないとのこと。

治療内容と経過

●初診 7月28日

座位にて検査。
脊柱、骨盤、頚椎をチェック。
脊柱・骨盤・頚椎の歪みを確認。

治療:「一発調整」「サンシハン」「骨盤捻転」で体の捻じれを整える。
「リモコン操法」で頚椎の調整。
「頚椎捻転」で2ミリの調整。
「烏口突起」の調整をして終了。

直後は痛みがかなり減った。

●2診目 7月29日
昨日施術して、寝るまでは痛み減っていたが、
明け方から朝にかけての痛みは強い。

同様手技にプラスして
鬱を長く患っているとのことなので、前頭葉・扁桃体・海馬に対するアプローチをしていく。
薬の毒を抜くために、肝臓に対する施術も行う。

3診目 8月1日
今朝まで調子良い感じだったとのこと。
同様治療

4診目 8月4日
全体的に痛む頻度が減っている。
同様治療

5診目 8月8日
今回の施術より鍼治療も加える。
初診時は鍼治療に抵抗があったが、症状が改善していることもあり、
より良くなるのであればやってみたいとのことで鍼を行う。
鍼は経験がないということなので、「ていしん」という刺さない鍼にて施術。

手技:「オウダ」「サンシハン」「骨盤捻転」「リモコン」「頚椎捻転」
鍼:完骨 合谷 太陽

6診目
かなり良くなっている。
リリカ 朝1回 昼1回 寝る前2回に減った。
ブロック注射は効果がなかったので、当院行き始めてから行っていないようである。

7診目 8月16日
痛み・頻度ともにかなり減っている。

8診目 8月23日
痛みは無くなった。小指の先の痺れが残っている。
現在はリリカ飲んでいない。

本来はもう少しし治療して、痺れなで改善させたかったが、
患者本人の希望で治療を終了した。

同時に治療した症状

うつ病に対しての、前頭葉・扁桃体・海馬への治療
薬による負担からの肝臓・副腎などの臓器への治療

コメント

ブロック注射・リリカでも夜の激痛を鎮痛できないというパターンは結構ある。
そういう時こそ、鍼灸や整体の出番である。

患者自身が訴える痛みはかなり強烈だということだが、
実際来院している時はリリカが効いているのか、あまり痛みを感じていないような様子である。

途中から前頭葉・扁桃体・海馬の調整を加えたのは、
この辺の問題があると、痛みをより強く感じてしまう傾向があるからである。
うつ病の場合、この部位に問題があるので、今回の強い痛みに対して一役買っていると考え調整した。

5診目から鍼を加えたのも良かったようである。
患者自身もより改善した感じと喜んでくれた。

首の問題だけと捉えて治療していたら、
改善するスピードは遅くなっていたのではと考える。

こちらもあわせてお読みください

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->