HOME症例集足底筋膜炎(足底腱膜炎)の治療例 › 立ちっ放しで大変、料理人のアキレス腱炎と足底筋膜炎(腱膜炎)

No.011立ちっ放しで大変、料理人のアキレス腱炎と足底筋膜炎(腱膜炎)

患者情報
30代
男性
調理師
初回来院
2016年22月
症状

調理の仕事をして1・2時間経つと、左のアキレス腱〜足底にかけて痛みが出てくる。
朝は痛くない。

改善したらマラソンをしたい。

治療内容と経過

●初診

左のアキレス腱が肥厚している。
繰り返しの炎症を起こしている模様。

左足の内側の縦アーチ・横アーチが低くなっている。
左の足底は腫れがある。
痛風のような容貌。

ふくらはぎはもちろんパンパンだが、両下肢ともに張り感が強い。

内臓)
肝臓+(胸郭の可動が悪い)
腎臓++

治療)
1 アレルギーなどの拒絶を排除
2 オウダ サンシハン 骨盤 リモコン 下肢のアライメント調整
3 内臓の調整〜腎臓・肝臓など  腎臓代謝物の除去の調整
4 仕上げに「照海」に鍼をする。

施術後はペインスケールが、
10から3に。

 

●2診

来院した時より良いが、仕事で立っているとアキレス腱〜ふくらはぎ全体が張る。
足底筋膜炎(腱膜炎)の症状なし。腫れもなし。
ペインスケール5

治療)
同様処置。

術後、ペインスケールは0。

五日後に予約を取る。
痛くならなかったらキャンセルしてください。と伝えて終了。

3回目の施術の前の日に痛くないので、
キャンセルしますと電話。
終了

 

同時に治療した症状


内臓(腎臓・肝臓)

コメント

足底筋膜炎はおそらく、腎臓代謝物がうまく処理できないために起きたのだろうと推察。
下肢のアライメント自体はそこまで歪んでなかったのも、早期改善につながったと思われる。

こちらもあわせてお読みください

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->