HOME症例集足底筋膜炎(足底腱膜炎)の治療例 › 半年前から続く足底筋膜炎(踵骨下滑液包炎)

No.015半年前から続く足底筋膜炎(踵骨下滑液包炎)

患者情報
30代
男性
会社役員
初回来院
2017年20月
症状

朝起きて一歩目に左かかとに激痛。
特に今日はひどい。
足を引きずって入ってくる。

歩行していても痛く、特に歩きだしが痛い。
他には椅子から立ち上がって一歩目などに痛み

今まで半年ほど整骨院に通院している(現在も)

治療内容と経過

●初診 2017年9月20日
所見)
身長160センチほど
体重70後半ほど
肥満体型

両方の扁平足+++

腹部の膨満+++
肝臓++
腎臓++
心臓+
頚椎++

治療)
一発療法
サンシハン
骨盤捻転
体のねじれ整える

肝臓・腎臓打ち込み療法
肝臓と腎臓の調整

テイシンにて
足底・腎臓の経絡の調整

座位)
テイシンにて
股関節 背部兪穴の調整

立位)
テイシンにて
足部の調整

施術後
きた時よりは痛みがマシとのこと。

●2診目
前回治療後出張など息歩いたが痛みほぼなし。
こんなに効くんだと驚いているよう。

治療同様。

念のためあと二回分予約取ってもらったが、
痛みがなければ来なくても良いと伝える。

同時に治療した症状

肝臓・腎臓

コメント

足の調整をしたのはもちろんだが、1番のポイントは腎臓にあった。
腎臓がパンパンに張っていたので、そこを重点的に治療。
おそらく食生活の影響。

腎臓と腎臓代謝物の調整が功を奏した。

こちらもあわせてお読みください

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->