HOME症例集逆流性食道炎 › 逆流性食道炎で固形物が取れない患者さん

No.016逆流性食道炎で固形物が取れない患者さん

患者情報
50代
女性
会社員
初回来院
2017年09月
症状

ここ1週間、固形物を食べれない。
おかゆ生活。

固形物を食べると、喉から鳩尾にツッカエル感じがして、
逆流する感じがある。

加えて、スーパー便秘症。

2週間後にイタリアに海外旅行行くので、それまでに体調を戻したい。

治療内容と経過

初回)

処方)

オウダ サンシハン リモコン
肝腎打ち込み調整 胃腸調整 胃下垂調整
アレルセラピー:初期化調整 打来庵〜左の公孫、左の太衝、印堂

 

最初、骨盤捻転での調整をしている最中に、
胃腸がグルグル鳴って動き出す。

 

これは結構起こる反応で、
骨盤捻転の調整が、単に骨盤だけでなく全体の調整にも鳴っているためである。

 

骨盤の調整をした後には、
腹部の硬さもだいぶ減弱。

 

その後胃腸調整をしている最中に、
鳩尾のつかえが取れてきているとのこと。

 

「久しぶりにすっとした感じで嬉しい。」
という声をいただきました。

 

その後、経絡・経脈に反応あったので、
ツボ打来庵にて調整。

 

施術後は胃が軽くなったとのこと。

 

旅行までに後2回くらいの施術で問題ないかと。

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->