顎関節症の治療

9a01a4352eddb8039b9d77412ed171d9_s
案外多い顎関節症。
当院に首・肩の症状や自律神経失調症で来院される方にお話を伺うと、
半分以上の方が顎に痛み・違和感を感じています。

病院で診断はされていないけれど、実は顎関節症だった・・・という方はかなり多そうです。

顎関節症とは

顎を開く閉じるという動作・食べる時にものを噛みしめる時などに、

・顎関節(耳の穴の前下方あたり)が痛む

・顎を動かす筋肉が痛む。

・口が開きにくい

・口の開け閉めの時に音がする

などの症状が現れる症状のことを言います。

最近では現代病のひとつとも言われていて、症状の程度の差はあれど、
かなり多くの方が悩んでいる症状です。

症状が起こりやすい年代は20~30代で、男女比は1:3で女性の方が多くなっています。
最近では10代で顎関節症になっている方も多く、低年齢化してきています。

さてここで、あなたの顎関節症度をチェックしていきましょう。

  • 顎を開くときに顎に痛みがでる。
  • 歯ごたえのあるものを噛んで食べるとき、顎が痛い。
  • 口が開かない、指を縦3本分開かない。
  • 顎を開くとき、骨が擦れるような音がする。
  • 歯ぎしりをしていると言われたことがある
  • 鏡を前にして口を開いたとき、顎が左右どちらかに寄る。
  • 日常生活で自然と歯を噛み締めている

この項目に3つ以上当てはまるようであれば、
顎関節症の可能性が高いです。

顎関節症は顎の症状はもちろん、
他にも全身的な症状も起こります。

もう少し顎関節症の症状、そこから起こりやすい症状について書いていきます。

顎関節症の主な症状とは

先に書いたチェック項目とも重なりますが、

顎自体の症状は、

・口の開閉時に顎関節に痛みが出る。

・口が大きく開かない

・顎を動かすときに雑音・クリック音がする

・硬いものを食べるときに顎に痛みが出る

・噛み合わせが悪くなった

などです。

顎関節症のによる症状は、顎のみにとどまらず、全身的な症状も出てきます。

顎関節症によるそのほかの症状

・肩こり

・首こり、首の痛み

・頭痛

・耳鳴り・耳閉感(耳が詰まった、塞がった感じ)

・めまい

・不眠

・眼精疲労

など
全部書き出すときりがないくらい数多くの症状が出ます。

顎関節の状態が悪いので、首から上の症状はもちろんですが、
自律神経失調症状のような全身性の症状も出てきます。

原因は?

色々考えられますが、主だったものを書いていきます。

20140911104609

噛み合わせの問題によるもの

良い噛み合わせは上の歯と下の歯が均一に触れいて、
顎関節・咀嚼筋などに負担がかからない状態です。

ところが噛み合わせが悪いと、上下歯の接触状態が偏っているため、
左右どちらかでばかり咀嚼するなどのクセが起きやすくなり顎関節に負担がかかってきます。

噛み合わせの異常は永久歯に生え変わるときにすでに、
噛み合わせが合わない生え方をする場合や、日常のクセで起こる場合が多いです。

噛みしめるによるもの

日常生活で強いストレスなどを感じていたりすると体の筋肉は緊張して硬くなります。

顎関節を動かす筋肉も例外ではありません。

顎関節を動かす咀嚼筋群が常に緊張状態にあると、顎関節に常時強い負荷がかかり続けることになります。

歯ぎしり

これも噛みしめと同じく、強いストレスを感じているときに起きやすい症状です。

寝てる間に強く噛みしめて左右にうごかし、歯をこすり合わせるという、
ものすごく強い負荷を顎関節にかけています。

骨格の歪みからくるもの(猫背など)

例えば猫背になると、顎が上を向くような姿勢になります。

すると下顎は前に突き出すような形になり、いわゆる「受け口」のようになります。

「受け口」になれば噛み合わせが悪くなりますから、
その状態で顎を使い続ければ顎に負担がかかり顎関節症になります。

頬杖やうつぶせ寝などの顎に負担のかかる姿勢をとること

頬杖・うつぶせ寝と共に、下顎に対して横からの力が持続的に加わるため、

関節に負荷がかかり顎関節症になります。

また噛み合わせの異常も起こりやすくなります。

外傷によるもの。(顎をぶつけた・ぶつけられた)など

交通事故で顎を打った、格闘技などで顎に打撃を受けたなど、

外からの衝撃により関節に負担がかかり発症します。

病院での治療法とは

一般的な病院の治療で行われている治療について書いていきます。

マウスピース(スプリント)療法

pl-201431063789

スプリントと呼ばれるマウスピースのようなものを上の歯にかぶせることで、
徐々に噛み合わせの改善を期待する治療法です。

歯を削ったり、手術するわけではないので、
第1選択肢として行われることが多いようです。

歯を削ることによる噛み合わせの調整

099288

歯を削ることで噛み合わせを正しくしていく治療法です。

歯の高低差を削ることで均等に歯が当たるように調整して顎関節にかかる負担を減らしていきます。

ただ、顎関節の位置・骨格が調整されていない状態で行うと、症状の追っかけっこになることもあるので注意が必要です。

薬剤による鎮痛療法

medicine_generic

日常生活で痛みがきつい場合、鎮痛剤を処方されることがあります。

痛みを一時的に抑えているだけなので対症療法になります。

関節腔洗浄法

顎関節を包む関節包という袋の中を生理食塩水で洗浄する治療法です。
関節包の中は関節液という液体で満たされているのですが、なんらかの理由で関節液の循環が阻害されることがあります。
すると古い関節液が滞留することになり、それが原因で顎関節症になることがあります。

生理食塩水で洗浄することで、その古い関節液を流すことができます。

関節鏡手術

関節鏡を使って顎関節の手術をする方法です。

 

予防法・セルフケア

当院でお伝えしているケアは、「みずぽっと」という水のゆらぎを使ったケアで、クライアント様ご本人でも簡単にできる調整法を伝えています。
顎関節の調整や猫背との関係が深ければ猫背の調整も伝えています。

 

当院での治療法とは?

当院での治療についてお話しします。

整体で顎関節の調整をしていきますが、はじめに体の土台である足首から見ていきます。
足首は顎の関節とも関係が深いので見落とせないポイントです

その後、骨盤・頚椎を整えて、顎関節を含む頭蓋骨の調整をしていきます。
当院は歯科ではないので削ったり、マウスピースを作ることはできません。

ですが足元から体を見ていき調整していくと、削ったりしなくても顎関節の痛みはどんどん改善していきます

中々改善しない顎関節症でお悩みでしたら、ぜひ整体による治療を受けてみてください。

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->