首こりは揉んではいけない?

【肩こり】肩こりに悩む主婦

ちょっと首こり・肩こりでツライ時、おもわず自分で首・肩を揉んだり、指圧したりすることありますよね。

自分で揉んでも良くならない・凝りがどんどんひどくなっているとなると、
マッサージをしてくれるお店に行って、ガッチリほぐしてもらう。

そんな方も多いのではないでしょうか。

最近は、患者様も色々な情報を知っているので、
こんなこと聞かれることも多くなりました。

「首こりの時って、マッサージとかでほぐしちゃいけないんですよね?」

これは半分は当たっていますが、半分は正しくありません。
このことについて説明していきますね。

 マッサージは国家資格である!

まず皆さんに知っておいて欲しいのは、
マッサージや指圧は国家資格であるということです。

案外知らない人も多いのではないでしょうか?
厚生労働省が認めた養成学校に3年間通い、解剖学や生理学などの基礎医学や東洋医学を修め、
国が定めた試験『国家試験』に合格した者がマッサージ師・指圧師・あん摩師になることができます。

ちまたにある、激安マッサージ店やちょっとオシャレなリラクゼーションサロンで施術を行っている方々は、
ほとんど国家資格を持っている方はいらっしゃいません。

大体1〜3ヶ月の会社研修を受けてから現場に出ることが多いようです。

ここでまず言いたいことは、
解剖学や生理学などの基礎医学も知らない方の施術を受けることは危険だということです。

「首こり」「首が痛い」などの症状の時に、半端な知識・技術の方の
マッサージっぽい施術を受けて悪化する患者様はたくさんいらっしゃいます。

「首こり」などは医師の診断名が付いてないだけで、
じつは「頚椎症」や「軽度の頚椎ヘルニア」の場合も多々有ります。

そのような時に未熟なマッサージっぽい施術受けると、
症状が悪化するだけでなく、その後の治りも非常に悪くなります。

一つ断っておかなければなりませんが、
国家資格を持っていない治療家でも、解剖学・生理学の知識しっかりと学んでいる先生もいらっしゃいます。

その刺激が合うかどうか

これまた、なんのことだ?
と思う方がほとんどだと思います。

マッサージでも指圧でも鍼灸でも、患者様の体に刺激を入れることで、
治癒力を発現させて体を良くしていきます。

ただ、この刺激が患者様個人個人により、合う合わないがあります。
マッサージ・指圧を受けているその時は「気持ちいい〜」。
と感じていても、時間が経つとあちこちが痛い・・・

「揉み返しだね〜」「好転反応だね〜」と言われ渋々納得・・・

実は単に刺激があってないことが多いのです。
その人の体に合っていない刺激を送られると、体は「やめろ〜」という反応を起こします。
たとえ、その時は「気持ちいい」と感じていても。

実際に合わない刺激を送られた場合どうなるかというと、
体が歪みます。

骨盤の高低差がずれ、体がねじれ、肩の高さが変わり、顔まで歪んでいきます。
怖いですね。

これ、案外プロの治療家さんも知らない方が多いんです。

当院での施術の際は、どの刺激が合うのかを見定めてから施術させていただいてますのでご安心くださいね。

まとめ

以上をまとめると、

首こりの時は、むやみやたらとマッサージを受けない方が良いということになります。

もし行く場合は、リラク系マッサージではない「マッサージ院・指圧院」などに行きましょう。
気軽に行ける激安のマッサージっぽいお店などは、リスクもそれなりにあるということを知っておいて下さい。

それでも、患者様に合う刺激で施術できるかどうかを見定められるかどうかは分かりませんので、そこから先は『運任せ』になります。

運が良ければ、あなたの体に合った刺激を送ることのできる治療家に当たりますよ^^

もし見つからない場合は当院に来ていただくか、
メールで問い合わせいただければ信頼できる治療院を紹介いたしますm(__)m

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->