側弯症の治療

側弯症とは

脊柱(背骨)を後面から見るとほぼ真っ直ぐですが、
横方向への歪みが起きて脊柱が側弯してしまう病気です。

機能性側弯症と構築側弯症があります。

機能性側弯症は座骨神経痛やヘルニアなどの痛みによる側弯や不良姿勢による側弯です。
この側弯症は一時的なもので、原因となるものがなくなれば側弯は消失します。

構築性側弯症は病気としての側弯症で、
特発性側弯症、先天性側弯症、外傷性側弯症などに分かれます。

一般的に側弯症と言われた場合、
ほとんどが特発性側弯症なのでそのことについての説明と当院の施術と考え方について書いていきます。

特発性側弯症とは

現在の脊柱側弯症の内の80%前後を占める病気で、
未だ原因が不明です。

一説には遺伝が関係しているのでは?
という説もありますが、はっきりとしたことは分かっていません。

発症年齢により、
乳幼児期側弯症(0歳〜3歳)・学童時期側湾症(4歳〜9歳)・思春期側弯症(10歳以降)に分類されます。

好発年齢・男女比は

思春期以降の側弯が多く、小学校高学年〜中学時代に多く発症します。
男女比は、男子1:女子5〜7と男子に比べ、女子の発症率が圧倒的に多いです。

検査法は

infants_scoliosis

日本側弯症学会編集、側弯のしおり『知っておきたい脊柱側弯症』より引用

立位で肩の高さや肩甲骨の突出、ウエストラインの対称性を見る立位検査や、
手のひらを合わせて前屈し肋骨の高さの違いを見る前屈検査があります。

これらの検査で陽性の場合、レントゲン検査を行い確定診断とします。

治療法は

・現代医学
装具療法・手術療法・体操療法・ホルモン療法などいろいろあるようですが、
もっぱら行われているのは装具療法のようです。

・当院の治療は
整体による徒手矯正施術を行います。
ここで詳細は書けませんが、肋骨の調整・背骨に微振動を加える・骨に微圧をかけることで、脊柱(背骨)の弯曲を真っ直ぐに近づけていきます。

側弯の角度によっては完全に戻らないこともありますが、今までの臨床からかなり効果が高いと感じています。
また、継続的にメンテナンスを行うことで側弯症の進行を抑えられます。

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->