動悸・脈の乱れ(不整脈)

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。 私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授しています。 かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます。 ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。 辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

line   

最近、息切れがする。

胸が締め付けられて苦しい感じ。

胸がドキドキする。

心臓の病氣? 病院に行ってみると・・・

医師「不整脈かもしれませんね。心電図を撮ってみましょう。」

心電図を撮ったが異常なし。

その後ホルター心電図で24時間検査をしたがそれでも特に異常なし。

医師「特に問題はありませんから、あまり氣にしないで生活していきましょう。」

異常がない・・・、ひとまず良かった。

でも症状はまだ続いている…

 

これは、当院に実際にいらっしゃった方のお話です。

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 急に胸がドキドキ動悸がする
  • 息切れがする
  • 胸が締め付けらる感じで苦しい
  • 疲れやすい
  • 病院で検査しても特に異常がないと言われた

不安でいっぱいですよね。

でももう大丈夫です。

当院の鍼灸・整体であなたと同じ【動悸・脈の乱れ】で悩んでいる方が改善しています。

あなたと同じ不整脈の症状で悩んでいた方の喜びの声をご覧ください。

自律神経失調症からくる動悸・息切れ・疲労感が改善しました。

自律神経失調症による動悸・疲労感・息切れ・不眠・情緒不安定などの症状で悩んでいました。
かんなり治療院に通うようになって、上記の症状が軽減。
施術を受けるたびに、本当に体調が良くなっていった。
体調が良くなることで、具合が悪くて落ち込んでいたのが、久々に色々やりたいと活力が湧いてきました。

A・S様 東京都 病院事務 30代 女性

 line

頭痛・めまい・動悸が改善して精神的にも楽になりました。

Q1.今回の症状で辛かった事は何ですか?

肩こり・首こり・目の疲れから頭痛がひどく、吐き気・めまいを伴う事もありました。

また、精神的ストレスから動悸などの症状もありました。

Q2.ここの治療院の良さ、施術の良さは何ですか?

施術が終わった後は、肩こり・首こりがスッキリし、自分でのメンテナンス方法を教えてもらったので実践したところ。

2回目の施術の後からはほとんどツラさが消えました。

Q3.当院に来てよかったと思ったのはどんな事ですか?

体の辛さが改善されたのはもちろん、精神面も楽になった感じがして、
気持ちが前向きになってきました。

Q4.同じ症状で悩まれている方への励ましのメッセージをお願いします。

もし悩んでいるようでしたら、ぜひ一度試していただくことをオススメします。

N・M様 福岡 40代 女性 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

line

不思議な施術で動悸がおさまりました。

Q1.今までどのようなことでお困りでしたか?

甲状腺・バセドウ病による同期と疲れ

Q4.来院の決め手になったのはなんですか?

友人の紹介

Q5.実際に施術を受けてみてどうでしたか?

とても不思議な感じがしました。

先生の手から何か出てるような氣がしていました。

また、とても氣もち良くて何度も寝てしまいました。

おかげさまで動悸は落ち着いて、今ではウォーキングできるくらいまで元氣になりました。

Q6.これから来院される方にメッセージをお願いします。

不思議体験をぜひされてみてください。

K・H様 福岡 40代 女性 主婦

※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。 

line

バセドウ病からくる脈の乱れ・動悸が改善しました。

Q1.今までどのようなことでお困りでしたか?

来院したきっかけは、持病のバセドウ病(甲状腺機能亢進症)の再発を何度か繰り返し、動悸が辛かった事。そして右肩で生活に支障が出てきた事です。

Q2.そのことによってどう感じていましたか?

もともと運動が好きで、病気のために息切れがして思うように動けないのがしんどかったです。
肩が上がらないのも辛かったです。

Q3.当院の施術を受けて何が一番変化したと感じますか?

治療1回目で動悸がしなくなった。そして眠れるようになった事。

Q4.あなた自身が(身体が楽になった事で)氣付いた事はありますか?

運動していて楽に動けるし、息切れがなくなった事。脈が一定になった事。

Q5.当院に来て一番うれしかった事はなんですか?

今まで薬による治療だけで不安がつのっていたので、鍼・整体でぎっくりするほどの効果が出た事。
肩は自分でのケアを教えていただいたことが参考になった。

Q6.どういう方が当院に来られるといいと思いますか?

病院での治療に不安がある方。年齢だからしょうがないとあきらめている方にオススメなのでは。
前向きになりました、ありがとうございました。

M・M様 福岡 50代 女性 主婦

※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

line

いかがでしょうか。

きっとあなたの動悸や不整脈・脈の乱れも改善していきます。

動悸・不整脈(脈の乱れ)とは

不整脈とは、脈を打つリズムが一定ではなく、 速かったり、遅かったり、飛んだり抜けたりする脈のことをいいます。

不整脈は主に3種類ある

●頻脈

心臓の筋肉を動かすための電気信号が早いリズムで作られたり、 本来とは違うルートで電気信号が伝わることで、 脈のリズムが早くなってしまう症状です。

●徐脈

頻脈とは逆に心臓を動かすための電気信号が遅いリズムで作られたり、 電気の通り道で何らかの影響で電気が通らなくなってしまうために起こります。

●期外収縮

期外収縮は不整脈の原因として、もっとも頻度の高いものです。 脈が飛んだり、結滞したりします。 良性の不整脈で誰にでも起こりますが自覚症状はないことがほとんどですが、 それによる自覚症状が強く出るような場合は要治療となります。

原因は

頻脈や徐脈は、心臓そのものに構造的に異常がある場合に起こります。

冠動脈系疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などです。

他にも甲状腺や肺に病変がある場合も起こります。

当院の鍼灸・整体では、 自律神経の異常からくる不整脈や甲状腺の機能異常からくる不整脈・動悸が治療対象になります。

一般的な治療法は

3つの種類により治療法も変わってきます。

頻脈の場合

●ペースメーカー治療

徐脈の場合に、心臓の電気信号を送る手助けをするペースメーカーを、体に埋め込みます。

これにより、電気の発生・電気の通りが悪い状態をカバーすることで、 徐脈が改善されていきます。

●薬物治療

不整脈に対する薬や血栓を溶かす薬などを使いながら治療していきます。

●カテーテルアブレーション

下肢の静脈から心臓までカテーテルを入れ、 異常電気が発生している部位を焼灼します。 それにより異常な電気の発生を抑えることが目的です。

期外収縮の場合

●薬剤治療

不安を和らげる薬や、不整脈に対する薬の投与。 場合によってはカテーテルアブレーションをする場合もあります。

甲状腺からくる動悸・不整脈の場合

おもに薬による治療になります。

 

これらの治療で改善すれば良いですが、 残念ながら改善しない方もいらっしゃいます。

そのような場合はどのように治療していけば良いのでしょうか。

当院の考え方は

東洋医学の場合は、〇〇病だからこの治療というのはありません。 不整脈・動悸と言われてもAさんとBさんでは全く治療が変わるということも珍しくありません。

当院の治療は、 どんな症状でも必ず内臓(五臓六腑)・自律神経の状態を診ていくことから始まります。

 

東洋医学では、五臓六腑の相関関係を考えながら治療します。
心臓の鼓動が早くなったりする場合も他の臓器との関連性をみていきます。

例えば腎臓の働きが低下している場合、逆に心臓の働きが亢進してしまいます
したがって頻脈の時は腎臓と心臓を調整していくという事になります。

このように、内臓全体の調和がとれるように調整していきます。

五臓六腑がスムーズに働けるような環境を作るお手伝いをする事で、
自律神経や内臓の働きが本来の状態になっていきます。

すると自己治癒力が発揮されやすい環境になり、患者さん自身の力で癒せるようになります。

不整脈に行う鍼灸治療は、 内臓につながっているエネルギーの通り道である経絡を使って、 体に流れる氣(電氣)の流れを整えます。

主に下記の3つの手法から適宜選択して行きます。

ツボを使った内臓・自律神経調整

経絡というエネルギーの通り道を利用した治療法で内臓の機能を正常化させていきます。

施術は鍼灸で行い(当院の鍼は非常に細い鍼、もしくは刺さらない鍼を用います)、サブ治療として整体を行います。

当院で行う鍼は

①高麗手指鍼  

高麗手指鍼は鍼灸の師匠である、小松隆央先生の小松式高麗手指鍼術という、 手指に鍼をする事で治癒力を活性化し症状を改善させる方法です。 高麗手指鍼についてはこちらを参考にしてください。 小松式高麗手指鍼術とは

②刺絡療法

主に自律神経をしっかり調整するために行います。 指先爪の近くに自律神経のスイッチにもなるツボがあるので、 そこに鍼をする、もしくは持続的に刺激のできるパッチを貼り付けます。

③経絡治療  

身体にある経絡というエネルギーの流れを利用して治療します。 当院で行う鍼では、一番一般的な方法です。

体の捻れ・歪みをとって内臓を活性化

鍼灸治療を補助するために整体も行っていきます。

捻れや歪みがあると全身の循環力が低下してしまい、 血液やリンパ液などが滞りやすくなります。

結果、内臓の機能が低下していることもあります。

実際見させていただいていると、胸椎(胸の背骨)の変位(位置異常)がある場合も多く、そこの調整を行うだけで症状が大幅に改善することも少なくありません。

line

どちらの治療も、結果的に内臓・五臓六腑のバランスをとることで、内臓・ 自律神経のバランスを正常化させることを目的としています。

初めてご来院の方へ

※はじめての方は必ずお読みください

line

ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

はじめまして。日本みずぽっと体操協会 代表の鎌田です。
神成先生とは、私が主催しているセミナーでお会いしたのがきっかけでした。
神成先生とは、治療家の先生の中では珍しいのですが、他人や他の療法を批判しない、誰とでも自然に付き合える柔軟な考えを持たれている先生だなと感じたのが第一印象でした。
また、鍼灸をメインに治療されているのを聞き、かたいイメージを持っていたのですが、かなりの漫画好きで(笑) 一緒にいるだけで気持ちを和ませてくれる先生です。 (今通われている患者さんも、神成先生のお人柄に癒されているのではないでしょうか?)
もちろん、人柄だけでなく、技術の方も常に向上心を持って、針や整体の勉強をされているので、技術の方も安心ですね。 もし、痛みやしびれでお困りの方は、ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。
 
日本みずぽっと体操協会 整体サロンピンポイント院長
line

雑誌・メディアにも掲載されています

雑誌「からだにいいこと」の内臓特集で内臓治療とセルフケアに関する取材を受け、 アドバイザーとして掲載されました。 福岡のラジオ局、コミュニティ天神に出演させていただきました。

最後に、動悸・不整脈で悩むあなたへ

いきなり感じる動悸・脈の乱れ・息切れなど。

そのような状況が長く続くと不安になりますよね。

今まで病院に通っても、漢方薬を飲んでも、 心理療法を行なっても改善しなかったのなら、 当院の整体と鍼を受けにきてください。

当院の施術で体が安定することで、 「不安」が「安心」に変わり、心と体の「安定」につながり症状が改善されていきます。

あなたの体を改善するためのスイッチを当院でONにしましょう。

あなたのご来院をお待ちしております。

アクセス

地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩4分。 西鉄バス「法務局前」下車、徒歩2分。 詳しい道順を見る

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る