逆流性食道炎の治療

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。

私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授するスクールを開校しています。

「内臓の病気や痛みで苦しんでいる人は、その病気や症状はもちろんのこと、世の中に氾濫している情報にも振り回されて、とても辛い状況にある。それを、なんとかしたい。」

そう言って私のスクールにこられたのが、かんなり治療院の神成先生でした。

かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます

ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。

辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

line

最近、いつも胸焼けがする。
脂っこい食べ物食べたわけじゃないのに・・・
それに口の中が酸っぱい感じ。

病院に行って診てもらおうかしら。


医師
「おそらく逆流性食道炎ですね、胃酸を弱める薬出しますね。念のため今度胃カメラしましょう。」

胃カメラ当日。
医師「食道が大分ただれていますね。これは間違いなく胃食道逆流症(GERD) ・逆流性食道炎ですね。」

それから服薬治療をしながら通院しているけれど、治らない。
このままずっとこんな状態なのかしら・・・

これは当院に来られた患者様の実際にあった話です。

line

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 食後に強い胸焼けがする
  • 口の中が酸っぱい感じ・苦い感じがする
  • 風邪でもないのに咳が続いている
  • 喉に詰まるような感じや違和感がある
  • 夜によく目がさめる

ツライですよね。
でももう大丈夫です。
当院では、あなたと同じ症状でお悩みの方が改善しています。
きっとあなたの症状も改善できます。

まずは当院の治療を受けて「胃食道逆流症・逆流性食道炎」を改善した方の声をご覧ください。

line

慢性膵炎・逆流性食道炎、で8カ月間調子が悪かったのが改善しました!

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

line

C・H様 埼玉県 40代女性 介護職

8ヶ月前、慢性膵炎・逆流性食道炎・胃炎・胆液の逆流と診断され、

脂質制限・投薬・食べ方をいろいろ気をつけてきましたが、まったく良くならず気落ちしていました。

ネットでいっぱい調べては、勝手に病気を当てはめてしまい不安な毎日でした。

神様にもすがる思いでここをホームページで知り、電車を乗り継いで7月後半にお世話になりに行きました。

何をされるのか分からないくらいあっという間に終わり、その翌日…8カ月間調子が悪かったのが嘘のように全く不快な症状がなくなっていました。

1週間ごとの施術で6回目には1週間普通に過ごせるようになっていました。

膵炎は治らない病気です。

エコーで石灰化した膵臓はもう元には戻りません。

でも「きっと大丈夫」と先生の言葉を信じ前向きにとらえるようになりました。

先生から教えて頂いた「みずぽっと」もテレビを見ながら毎日欠かしません。

ちょっと調子が良いと食べ過ぎて具合が悪くなっても、前みたいに負のスパイラルから抜け出せなくなることもなくなりました。

少しずつ間隔を空け、1ヶ月に1度の治療になることを目標に日々の食生活を楽しく遅れたらいいですよね。

この夏休み、家族と笑って過ごせたのも先生のおかげです。ありがとうございます。

まだまだお世話になりますがよろしくお願いします。

テキト〜にがんばります(笑

line

逆流性食道炎でご飯が食べれないのが良くなりました!

I・Y様 40代 女性 主婦・派遣社員

逆流性食道炎・慢性胃炎と診断され、ご飯食べないのにお腹が空かない。
お腹が張って、胃がロックされていて、ご飯が食べれないことに悩んでいました。

治療をすることで、胃が持たれなくなり、
楽しく食事ができるようになりました。

line

逆流性食道炎の症状で胃から食堂のモヤモヤした違和感が改善しました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

T・I様 東京都 40代男性 会社役員

慢性胃炎・逆流性食道炎と診断され、胃から食道にかけてのモヤモヤするような違和感に悩まされていました。

リラックスできる雰囲気で、整体と鍼を併用して治療しました。
針は全くと言っていいほど痛くなく、都度の抵抗もないです。

line

長く悩まされていた逆流性食道炎が良くなりました

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

今まで逆流性食道炎で困っていた。

痛みに悩まされて薬を飲んでも全然改善せずに悩んでいた。かんなり治療院の施術を受けて痛みが消えて体が楽になった。

1番嬉しかったのは、長く痛みに悩まされておりましたが、驚くほど調子が良くなったことです。

line

いかがでしょうか。
あなたの「胃食道逆流症・逆流性食道炎」も、
当院の施術できっと良くなります。

そのためにも、まずはあなたが悩んでいる胃食道逆流症・逆流性食道炎についてよく知っておく必要があります。

まずは1度お試しいただきたいので

LINEの予約はこちら

スマホのあなた、下を押してください。

line電話番号 0120-934-895

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎とは

さまざまな原因により、胃の内容物が頻繁に食道まで逆流する状態が続き、胃液の中の酸のために、胸焼け・呑酸を中心とした症状が起きます。
他にも咳が出るなどの喘息様症状、喉の異物感、胸やけによる睡眠障害も多く起こります。

食後に胃酸胃液の分泌が盛んになった時や、前かがみになった時などに腹圧が上がった時に症状が出やすくなります。

病院での一般的治療法は

病院での治療法は

●薬物療法
●生活・食事指導
●手術療法

の3つがあります。

病院での主な治療は薬物療法になります。

薬物療法

薬物療法では、「胃酸を抑える薬」「胃酸を中和する薬」「食道粘膜を保護する薬」「食道の運動活発にする薬」が処方されます。

簡単に説明していきます。

●胃酸を抑える薬

PPI(プロトンポンプ阻害薬)〜胃の壁にある塩酸を作り出す細胞に対して働きかけ、胃酸の分泌を抑える薬です。

H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)〜胃液が分泌される組織、H2受容体に作用することで胃液の分泌を抑えます。

●胃酸を中和する薬

制酸薬といわれるもので、胃酸の酸性を中和する方向へ持っていきます。持続時間が少ないので、単体で使われることはなく、胃酸抑制剤と一緒に使われます。

●食道粘膜を保護する薬

胃粘膜保護薬とやばれるもので、損傷している組織に付着して、胃酸などの刺激から守る様に働く薬です。

●食道の運動を活発にする薬

消化管運動機能改善剤といい、下部食道括約筋・食道の蠕動運動に作用して、食道の動きをよくしていく薬です。

生活指導・食事指導

●食事指導

脂っこいもの・辛いもの・炭酸飲料・カフェイン・アルコールなど胃に刺激を強く与えて、胃液・胃酸の分泌を強める食べ物は取らない様に指導されます。

●生活指導

食後すぐに横にならない・寝るときは状態を少し起こして寝る、腹圧が上がる様な動作は避ける様に指導があります。

●手術療法

食道が胃壁の細胞と同じ様になる「バレット食道」になると、食道がんになる確率が非常に高くなるために、手術が必要な場合があります。

以上が一般的な治療法です。
ですが、実際のところなかなか改善しない方が多いのが実情です。

なぜ、あなたの胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎は改善しないのでしょうか?

胃・食道だけをみて、他の臓器とのバランスを考えていないからである。

私たちの体は、五臓六腑の働きにより営まれています。

肝・心・脾・肺・腎という五臓と、
胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦という六腑。

この五臓六腑がバランス良く働いてくれることで、
不調のない、元氣な状態でいられます。

下の図が五行図といい、五臓六腑がバランスを取っている図です。

このバランスが崩れてくると病氣になっていきます。
例えば肝が強くなりすぎると、脾胃を弱めてしまうということが起こります。

下の図で言うと肝胆から脾胃に向かって矢印が出ています。
肝胆が強くなりすぎると脾胃を攻撃して弱めてしまう、という意味です。

これを五剋といいます。

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎はまさにこれが当てはまります。
胃・食道は脾胃の一部にあたりますので、「肝胆」が強くなりすぎる。

もしくは「肝胆」強くなりすぎるのを抑える役目の「肺大腸」が弱っていると、
「肝胆」が強くなり、「脾胃」である胃・食道に症状を出すということが起きてきます。

このように胃や食道だけではなく、臓器機能の全体のバランスを考えて治療してけば、
胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎は改善していきます。

当院の治療について

上記の五臓六腑全体のバランスを考えた上で、
整体と鍼を使い調整していきます。

経絡と呼ばれるエネルギーの流れをいわゆるツボ・経穴を使い調整することで、
内臓の働きを活性化、機能が亢進しすぎの場合は抑制させます。

この経絡の調整は主に鍼を使いますが、鍼が嫌だという方は鍼なしで調整いたします。
※当院の鍼は非常に細い鍼、もしくは刺さらないテイ鍼を用いますので痛みはほとんどありません。

整体は何をしてるんだ?というような調整ですが、
骨格を整え、内臓の機能を鼓舞していきます。

背骨が歪んでいると、自律神経の働きに支障をきたし、
内臓の機能が落ちてしまいます。

また、食道裂孔ヘルニアにより逆流性食道炎が起きている場合は、
整体による調整が主な処置になっていきます。

当院が選ばれる6つの理由

1.キャリアが長い

わたしは高校卒業とともにこの業界に足を踏み入れました。
今年で22年目になります。
鍼灸の国家資格を取ってからは20年目になります。

キャリアが長ければ良いってわけではないかもしれませんが、22年間常に学び続け、治療した患者様は、延べ80,000人ほどになります。
ですので、安心して施術を受けてくださいね。

2.自律神経・内臓の調整も得意

実は当院は内臓疾患の患者様も多くいらしてます。
デスクワークで首肩がこる場合も、じつは内臓の疲労が関係してくることも多々有ります。
そういった場合も、内臓の調整もしていくことでより効果的な治療をすることができます。

3.慰安・リラクゼーションではない、徹底的に治療にこだわってます。

巷にある、とりあえず凝ってるところを揉んだり、マッサージするということはしません。
揉んでもらうと気持ちいいですよね〜、でもそれって治療じゃないんです。
当院では刺激を少なく、いかに早くあなたの痛み・つらさが改善できるか。
それだけ考えて施術していきます。
ですので◯◯分で◯◯円という設定はしてません。(大体の施術時間は20~25分くらいです。)

4.妊婦さん・小さいお子さんでも施術が受けられる。

当院の施術は刺激がソフトな手技が多いので、
妊婦さんや小さなお子様もいらしてます。
妊婦さんは、妊娠中の腰痛・肩こりや逆子の調整までOK。
小さなお子さんは、スポーツ障害やアトピーなどもOKです。

5.鍼灸術

当院が行う鍼灸施術。

高麗手指鍼という手のツボに刺激をすることで内臓を整える鍼灸術。
全身に流れる14の経絡を整えることで痛みや内臓の活性化をする鍼灸術。

20年間、休まずに磨き続けている技術です。

使用する鍼も、霞の如くとても細い鍼か、
刺さない鍼【てい鍼】を主に使います。

したがって、注射針をイメージする方が多いですが、
そのような痛みは全くありません。

6.真體療術

当院が行う整体術のメイン、「真体療術」。
足の痛み・首こり・肩こり、腰痛などはもちろんですが、内臓の調整から美容までとオールマイティー。
何をやっているかわからないような施術なのに、「あれ?痛くない?」ということがよく起こります。

宮崎にいる私の師匠の施術は、受けた方が全員感動して帰られます。
師匠を越えられるよう日々精進しています。

福岡市中央区で治療院をお探しの方へ

初めまして、「かんなり治療院」の院長の神成です。
2017年の3月までは東京で6年間開業しておりました。

これからの子育てのことなどを考えて、
2017年4月に福岡へ移住。

7月に福岡店舗をオープンすることができました。

当院では痛い・ツライからあなたを解放するのはもちろん、その先にある「本当はやりたいこと」。

その願望を叶えられるようサポートしていきます。

鍼灸・整体で単に肩こり・腰痛を改善するだけでなく、
心身がよくなることで『仕事に集中できて、毎日が楽しい』など、
みなさんの持っている可能性を引き出すために日々奮闘中です!

line

症状だけでなく、より良い人生を構築するサポートをしてくれる先生です。

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。

私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授するスクールを開校しています。

「内臓の病気や痛みで苦しんでいる人は、その病気や症状はもちろんのこと、世の中に氾濫している情報にも振り回されて、とても辛い状況にある。それを、なんとかしたい。」

そう言って私のスクールにこられたのが、かんなり治療院の神成先生でした。

かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます

ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。

辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

line

ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

はじめまして。日本みずぽっと体操協会 代表の鎌田です。
神成先生とは、私が主催しているセミナーでお会いしたのがきっかけでした。

神成先生とは、治療家の先生の中では珍しいのですが、他人や他の療法を批判しない、誰とでも自然に付き合える柔軟な考えを持たれている先生だなと感じたのが第一印象でした。

また、鍼灸をメインに治療されているのを聞き、かたいイメージを持っていたのですが、かなりの漫画好きで(笑)
一緒にいるだけで気持ちを和ませてくれる先生です。
(今通われている患者さんも、神成先生のお人柄に癒されているのではないでしょうか?)

もちろん、人柄だけでなく、技術の方も常に向上心を持って、針や整体の勉強をされているので、技術の方も安心ですね。

もし、痛みやしびれでお困りの方は、ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

日本みずぽっと体操協会
整体サロンピンポイント院長
鎌田恭平先生

line

雑誌・メディアにも掲載されています

雑誌「からだにいいこと」の内臓特集で内臓治療とセルフケアに関する取材を受け、
アドバイザーとして掲載されました。

福岡のラジオ局、コミュニティ天神に出演させていただきました。

施術内容と料金

●鍼

主に刺さない鍼「ていしん」か蚊の鍼と同じくらいの細い鍼を使って体に流れるエネルギーの流れである経絡の調整をします。

経絡は内臓につながっており、経絡流れをスムーズにする事で内臓の働きを活性化することができます。

※鍼が苦手という方に無理に鍼をすることはありません。

●整体術

かんなり治療院で行なっている整体、「真体療術・活法」
なかなか聞きなれない言葉だと思います。

日本で古来から行われている整体術です。

その人その人の理想の体、どんな状況にも対応できる体、動ける体を一緒に作り上げていきます。

料金 初診料 2,000円施術料 8,000円

※初回10,000円、2回目以降8,000円となります。

なんだか良さそうなのはわかったけど「治療院って初めて出し、本当に良いのかな?」
「自分の症状に合うのかな?」「今まで行った整体では改善しなかったし・・・」
など、初めて行くところって不安がありますよね。

どれだけ良いって言われても、実際、行ってみないとわからないっていうのが本音のところですよね?
そこで当院では初めてのご縁をつなぐための特典をご用意致しました。

LINEでの予約・問い合わせはこちら

スマホのあなた、下を押してください。

最後に

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎になり、強い胸焼けが常時する。

睡眠も胸焼けなどで妨げられる。
ツライですよね。

このままこの症状と付き合わなければいけないのかな・・・
薬も飲み続けなければいけないのかな・・・

不安ですよね。

でも、もう大丈夫です。
当院の施術が、あなたのツライ症状をきっと良くしていきます。

一緒に胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎を改善していきましょう。

アクセス


地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩4分。
詳しい道順を見る

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る

phone number link or button. -->