過敏性腸症候群(IBS)の治療

こちらのページは、新しくできた自律神経失調症サイトへ移行しました。

かんなり治療院 自律神経専門サイト「過敏性腸症候群」

症状だけでなく、より良い人生を構築するサポートをしてくれる先生です。

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。

私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授しています。

「内臓の病気や痛みで苦しんでいる人は、その病気や症状はもちろんのこと、世の中に氾濫している情報にも振り回されて、とても辛い状況にある。それを、なんとかしたい。」

そう言ってこられたのが、かんなり治療院の神成先生でした。

かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます

ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。

辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

line

今日も朝の通勤電車で、おなかが・・・
途中の駅で降りてトイレに行かなければ・・・

でも次の駅、トイレどこにあたっけ。
ヤバい。

ヤバいぞ。

これは過敏性腸症候群ののある男性の経験談です。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 朝の通勤電車でお腹が痛くなる
  • おならがよく出る
  • よくお腹がゴロゴロなる
  • お腹がいつも張っている感じ、膨満感がある
  • 下痢・便秘、もしくは下痢と便秘を繰り返す
  • 何らかのプレッシャーを感じると、必ずと言っていいほど便意がくる

このような状態、ツラいですよね。
でも、もう大丈夫です。

当院の施術でこの状況から抜け出しましょう。

あなたの過敏性腸症候群を良くするためにも、
まずは簡単にご自身の症状がどのようなものなのか知っておく必要があります。

過敏性腸症候群とは

腸の検査や血液検査などで明らかな異常が認められないにもかかわらず、
腹痛や腹部の違和感、下痢や便秘を繰り返すなどの症状が長期的に続く病氣です。

以前は過敏性大腸と言われていましたが、
近年、小腸を含めた腸全体に機能異常があることが分かってきました。
これから「過敏性腸症候群(IBS)」と言われるようになりました。

日本のような先進国のような国に多い病気く、
日本人の10~15%が過敏性腸症候群だと言われています。

20歳~40歳に多く見られ、
男女比は1:1.6でやや女性のほうが多いようです。

男性は下痢型が多く、女性は便秘型が多くなります。

原因は何か

正直なところ、ハッキリと分かっていないようですが、
最近では、感染性腸炎の後に発症することが分かっています。

 

抗生剤を服用した後に、症状が軽減することがあるという報告もあり、
細菌感染も考えられるとのことですが、まだまだはっきりしたことは分からなそうです。

 

何かしらの免疫異常なのかなとも考えられていて、
近年は「SIBO・腸内細菌異常増殖症候群」というものがあり、
それがベースになり過敏性腸症候群が起こっているのだはないかという見方も出ています。

いずれにせよ、

一番はストレスにより症状の増悪が見られるということです。

一般的な治療法は

病院などの一般的治療は

  • 生活指導
  • 薬物療法
  • 心身医学的治療

また、頻繁に下痢を繰り返すような場合は、
他の腸の疾患、潰瘍性大腸炎・クローン病などがないか検査をしていく必要もあります。

以上が、現代医学的な一般的な治療になります。

これで改善してければ万事OKです。
が、なかなか改善されない方もいらっしゃいます。

そのような場合は別の角度、
東洋医学による方法が効果的です。

では当院の過敏性腸症候群に対する治療と考え方について。

当院の考え方と治療は

考え方は


東洋医学の五臓を中心とした考え方です。

過敏性腸症候群のように、ストレスで悪化することが顕著な症状は、
気鬱気滞」という状態が多く見られます。

これはストレスなどで体をめぐる「氣」の流れがスムーズに、
伸びやかに流れていない状態です。

氣の滞りのイメージ図

氣の流れが滞っているために、
お腹が張る・ストレスで悪化する・おならが多いなどの症状が出てきます。

これは五臓六腑でいう「脾」という消化器系を統括する臓器の異常で起ります。

上の図を見て頂くと分かるように、「脾」は「肝」に常に抑制されています。
肝が強くなりすぎると、脾に負荷がかかり胃腸の症状、ひいては過敏性腸症候群の症状が出てきます。

肝が強くなる原因は、ストレスや過度なプレッシャーなどです。

脾と肝のバランスをうまく調整していくと、
過敏性腸症候群は改善します。

自律神経(陰陽)のバランスを整える

東洋医学的に考えると陰と陽とも言います。

陰は副交感神経、陽は交感神経。

上の五臓六腑プラス陰陽のバランスを整えることでカラダの自然治癒力は覚醒していきます。

施術法は

陰と陽・自律神経と五臓六腑(主に肝と脾)のバランスをとる施術法として、整体と鍼を行います。
整体は骨格を整えることで内臓そのものの位置を正常にさせて機能を改善させます。

鍼は体に流れる経絡というエネルギーの通路を調整することで、
五臓六腑(主に肝と脾)の内臓同士のバランスを整えていきます。

施術のペース、施術期間は

自然治癒力・改善するスピードは人ぞれぞれなので、
正直なところ何回で改善するということはお伝え出来ません。

過敏性腸症候群のような自律神経症状の強い症状は、
症状が出てしまった体の環境改善をしていく必要があるので、
中長期的な治療計画が必要になります。

期間は最低3ヶ月。
体質を変えていくには必要です。

自覚症状自体は治療計画に沿って施術していった場合、
大体1クールで効果をはっきり感じることが多いです。

施術のペースは初回から5回までの1クールはできる限り都合を見つけていただき、3・4日に1回位のペースで詰めて通ってもらっています。

初めのスタートダッシュが改善には肝腎なのでそのようにオススメしています。

その後はそのクライアント様にもよりますが、
週1回〜10日に1回のペースになることが多いです。

初めての方へ

当院は、他ではなかなか改善しづらかった方たちが多くいらしています。

痛みだけを抑える、痛みの出るところを取り除く…
ということを繰り返し、自然治癒力が発動しなくなり、
痛みに悩んでいる方々を施術しています。

したがって症状が出た体の環境を考え、
その環境を変えていくお手伝いをしています。

こういった東洋医学の施術はジワジワと体の中の環境を変えていった結果、
ツライ症状も改善されていく事になります。

 

常に最善最速で良い結果が出るように全力を尽くしておりますが、
症状を抑えるだけで良いという方、1回・2回での体の改善を求める方には向いておりません。

逆に、今悩んでいる「痛み」「つらさ」を体の中の環境から改善していきたいという方は、是非ご連絡ください。

※はじめての方は、必ず下のリンクもお読みください。

福岡市中央区で治療院をお探しの方へ

初めまして、「かんなり治療院」の院長の神成です。
2017年の3月までは東京で6年間開業しておりました。

これからの子育てのことなどを考えて、
2017年4月に福岡へ移住。

7月に福岡店舗をオープンすることができました。

当院では痛い・ツライからあなたを解放するのはもちろん、その先にある「本当はやりたいこと」。

その願望を叶えられるようサポートしていきます。

鍼灸・整体で単に肩こり・腰痛を改善するだけでなく、
心身がよくなることで『仕事に集中できて、毎日が楽しい』など、
みなさんの持っている可能性を引き出すために日々奮闘中です!

line

ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

はじめまして。日本みずぽっと体操協会 代表の鎌田です。
神成先生とは、私が主催しているセミナーでお会いしたのがきっかけでした。

神成先生とは、治療家の先生の中では珍しいのですが、他人や他の療法を批判しない、誰とでも自然に付き合える柔軟な考えを持たれている先生だなと感じたのが第一印象でした。

また、鍼灸をメインに治療されているのを聞き、かたいイメージを持っていたのですが、かなりの漫画好きで(笑)
一緒にいるだけで気持ちを和ませてくれる先生です。
(今通われている患者さんも、神成先生のお人柄に癒されているのではないでしょうか?)

もちろん、人柄だけでなく、技術の方も常に向上心を持って、針や整体の勉強をされているので、技術の方も安心ですね。

もし、痛みやしびれでお困りの方は、ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

日本みずぽっと体操協会
整体サロンピンポイント院長
鎌田恭平先生

line

雑誌・メディアにも掲載されています

雑誌「からだにいいこと」の内臓特集で内臓治療とセルフケアに関する取材を受け、
アドバイザーとして掲載されました。

福岡のラジオ局、コミュニティ天神に出演させていただきました。

最後に

ストレスがかかると、お腹が痛くなる・お腹が張る・トイレに行きたくなる。
外に出かける時でも、トイレがどこにあるかチェックしてしまう。
またお腹が痛くなったらどうしよう・・・

ツライですよね。

今まで病院に通っても、漢方薬を飲んでも、
心理療法を行なっても改善しなかったのなら、
当院の整体と鍼を受けにきてください。

当院の施術で体が安定することで、
「不安」が「安心」に変わり、心と体の「安定」につながり症状が改善されていきます。

あなたの体を改善するためのスイッチを当院でONにしましょう。
あなたのご来院をお待ちしております。

アクセス


地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩4分。
西鉄バス「法務局前」下車徒歩2分。
詳しい道順を見る

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る