足底筋膜炎(足底腱膜炎)

症状だけでなく、より良い人生を構築するサポートをしてくれる先生です。

千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病センターで医師をしている喜多敏明と申します。

私は漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授するスクールを開校しています。

「内臓の病気や痛みで苦しんでいる人は、その病気や症状はもちろんのこと、世の中に氾濫している情報にも振り回されて、とても辛い状況にある。それを、なんとかしたい。」

そう言って私のスクールにこられたのが、かんなり治療院の神成先生でした。

かんなり治療院では、鍼灸と整体、それぞれを用いて内臓と骨格を調整することにより、薬だけに頼ることなく、慢性膵炎や慢性腎臓病、内臓からくる様々な痛み、不調を改善するという驚くべき成果を出しておられます。

ただ単に、症状を改善させていくだけではありません。病気や症状に囚われない生き方に気づき、より良い人生を構築できるようにサポートされている素晴らしい先生です。

辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これからの人生を病気や痛みに囚われず、充実した人生にしていきたい方にこそ、私が信頼する神成先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

 

足底筋膜炎

最近は、マラソンブームの影響もあってか足の痛みを訴える方が多くなってきました。

最近マラソン・ジョギングを始めて
徐々に走れる距離が長くなり、走るのが楽しくなってきた^^
と思ってたら、足の裏に違和感。
なんだか軽い痛みが・・・

少し気になるけど、そのまま走り続けていたら、
痛みがどんどん強くなってきた。

ネットで調べたら「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」
整形外科に行ってみて診断されると、
やはり「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」

足の裏が痛くて、歩くのもきつい。
朝の1歩目、歩き始めがものすごく足の裏が痛い。
整形外科や整骨院に行き治療するも変化がない。

これは、当院にいらしたある患者様のお話です。

似たような経過をたどっている方、結構多いのではないでしょうか。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 歩く時に足を地面につくと足の裏に痛みが走る・・・
  • 朝起きて1歩目に足の裏に痛みが出る・・・
  • 座っていて立ち上がって1歩目に足裏に激痛が・・・
  • 立っていると、足裏も痛いが踵も痛い・・・
  • 夕方になると足がむくんで、足裏がひどく痛い・・・

つらいですよね。
でも、もう大丈夫です。あなたと同じ足の裏の痛み、「足底筋膜炎」で悩んでいた人が、
当院の施術で改善しています。

まずは当院の施術を受けて、足底筋膜炎が改善した方の喜びの声をご覧ください。
line

想像できないような施術で足底筋膜炎が改善しました

河津利枝子様  東京都東村山市 50代 女性

足底筋膜炎(足底腱膜炎)で歩くたびに足の裏が痛くて、地面に足がつくたびに激痛がしていました。

仕事中も常に「イタっ!」の連続でした。神成治療院の施術は揉んだりするようなものではなく、想像できないような施術でした。

はじめは自宅から通院するのは遠いかな・・と思っていましたが、短期間で痛みが取れてきているので、
来院して良かったです。

整形外科では、湿布・痛み止めを処方され、次は4週後に来てと言われました。

この期間の痛みはどうすればと気持ちが沈んでいましたが、同じ症状で悩まれている方、大丈夫です。
試してください。

 

※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

line

いかがでしょうか?
きっとあなたの症状もこの方と同じように改善に向かいます。

そのためにもあなたが苦しんでいる、その足の裏の痛み「足底筋膜炎」の症状について理解しておく必要があります。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは

足底筋膜とは足の裏にある「アーチ」を保持しています。
走ったり、歩いたり、ジャンプしたりと足に荷重がかかった時、
スプリングのように衝撃を吸収するショックアブソーバーです。

ランニングやジャンプ動作などで、
体重刺激が足底部にかかるとで足底筋膜(足底腱膜)が引き伸ばされます。

その動作を繰り返し行う(オーバーユース)ことで、
引き伸ばされる足底筋膜の微損傷・骨に付着する部位の損傷などが起こります。

それ以外にも、足部のアライメントに異常があると起こりやすくなります。
ハイアーチや扁平足の場合はランニングをしていなくても症状が出る方もいらっしゃいます。

症状は
先にも書きましたように、
ランニング時の足の着地時に足の裏に痛みが出ます。
朝の起床時や走り初めに痛みが強いことが多くあります。
痛みの好発部位は、

踵周辺の痛み
土踏まず中央付近の痛み
遠位部(足指に近い部位)
です。

 

※かかとの中心部の痛みは、足底筋膜炎と診断されていても実際には違うことが多いです。
かかとの痛みについてはこちらのページを読んでください。

病院・整形外科などの一般的な治療は

現代医学的治療

整形外科・整骨院などで行う治療は、薬物療法・物理療法・運動療法などです。

  • 薬物療法:鎮痛剤・ステロイド注射など
  • 物理療法:温熱療法・電気療法など
  • 運動療法:ストレッチ・タオルギャザーなど

ですがなかなかこれでは改善していないのが実情です。

ではなぜ、あなたの足の裏の痛みは改善しないのでしょうか?

なぜなら、足底筋膜炎の本当の原因は内臓にあるからです

腎臓・肝臓の問題が足底筋膜炎の真の原因である

腎臓は水を司る臓器。

東洋医学で腎臓は体の水分代謝・循環を司る臓器です。

ここの働きが悪くなると、足がむくみやすくなります。

足の裏・踵に痛みが出やすくなり、朝の第1歩目に強い痛みが出ます。

精製された食塩の摂りすぎや、味の素のような化学調味料を摂りすぎてる方は要注意です。

 

肝臓は体の血液を貯蔵し循環させるために重要な臓器です。

特に肝臓は東洋医学の世界では「肝は筋を司る」と言われているくらいで、
肝臓の機能低下は、筋肉や腱・靭帯の故障につながりやすくなります。

お酒を飲んでいなくても、薬やサプリメントの飲み過ぎ、食生活の影響で、
肝臓・胆のうの疲労が溜まっている方は非常に多いです。

 

腎臓に負担がかかっていると踵に症状が出やすく、
肝臓に負担がかかっているとアーチ(筋膜の付着部位・中央部位)に痛みが出やすくなります。

 

今までに来院された患者さんで、小学生低学年の男の子がいました。

足の裏がパンパンに腫れていて、お母さんの手を借りてやっと歩いてくるような感じです。

その子は何が原因だったかというと腎臓でした。

このように、こんなに小さい子でも内臓の影響が出て、足の裏に痛みが出ているんです。

※足底筋膜炎と腎臓の記事はこちらをクリック
このように足底筋膜炎の方のほとんどの方は内臓の疲労の影響を受けています。

※かかとの中心部の痛みは、足底筋膜炎と診断されていても実際には違うことが多いです。
かかとの痛みについてはこちらのページを読んでください。

当院の実際の治療は

まず全体的に体を診てきます。
⒈正座・座った状態で肩が右・左どちらが出ているかを診る。(ねじれを診る)
⒉仰向けでお腹を見ていき、内臓の状態をチェック。
⒊下肢全体のねじれ、アライメントをチェック。
⒋足部アーチの状態をチェック

 

例えば肝臓・胆のうに反応が強い肩の場合、右の方を前に巻き込んでいることが多いです。
その場合、体幹の捻れ〜下肢の捻れとなります。

 

結果、右下肢の後面〜足底にかけての負荷が強くなってきます。
足底腱膜炎になる下準備が出来始めます。

 

下肢の捻れは本来ある大腿骨と下腿骨の角度から逸脱していくことで、
足底筋膜炎を含む下肢全般の疾患につながります。

 

このように体を全体で捉え、
内臓・骨格を調整する事で足底筋膜炎を改善に導けます。

 

当院は鍼灸治療も積極的に行っているので、
鍼灸に抵抗ない方、鍼しても大丈夫!という方には鍼灸治療も行って効果を上げています。

line
その結果、多くの足底筋膜炎の方を改善に向かうお手伝いをさせていただく事ができました。

朝起きて足を着いたら激痛が…でも良くなりました^^

K・I様 福岡 70代 女性 主婦

Q1.今回の症状で辛かったことはなんですか?

元気で動いておりましたが、朝起きてベットから降り足の裏をついた瞬間、足の裏に激痛が走り立ち上がれませんでした。

Q2.ここの治療院の良さ、施術の良さはなんですか?

決して強くなく痛くなく指で押してくださる感触が良いです。

Q3.当院に来て良かったと思ったのはどんなことですか?

帰路が楽な気持ちで帰ることができます

Q4.同じ症状で悩まれている方への励ましのメッセージをお願いします。

通院するには遠い近いの問題もあるかと思いますが、私の体験を信じていちどお訪ねして欲しいと思います。

 

※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

line

飛び上がるほどの踵の痛みが治りました

A・K様 千葉 30代 女性 会社員


Q.1今回の辛かったことなんですか?
足底。右足のかかとが急に痛くなった。床につけると飛び上がるほど痛い。
整形外科では足底筋膜炎、偏平足だから…と言われ、湿布をもらっただけでしたが、「このまま歩けなくなるのでは?!」との恐怖でネットで足底筋膜炎のことを調べました。
Q2.ここの治療院の良さ施術の良さはなんですか?
先生がお一人で見てくれるところ。足が床につくと痛みがある状態だったので、とにかくぐりぐりとかされて痛くない施術を求めていました。むしろ気持ちが良いです。
Q3.当院に来て良かったと思ったのはどんなことですか?
足底の痛みがなくなりました。不安がなくなりました。通勤時駅の段差や正面から走ってくる人すれ違う時など強かったのですが全くなくなりました。
Q4.同じ症状で悩まれている方への励ましのメッセージをお願いいたします。
足底筋膜炎は早い段階で専門の先生に診てもらった方が良いと言う情報があり、ネットで見つけたこちらの先生に見ていただきました。
通うのに往復2時間かかりますが、信じて通ってみてよかったです。
最初は大丈夫かな?と半信半疑でしたが本当に来てよかったです。
※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

3、4ヶ月痛かった足底筋膜炎が治りました


A・K様 福岡 50代 男性 会社役員Q1.今回の症状で辛かった事は何ですか?私はランナーですが、ここに来るまでに足底筋膜炎で整形外科に2件通いましたが、3〜4ヶ月全く改善せず、藁にも掴む気持ちでこちらを訪問しました。こちらの施術で徐々に改善が見られて、約1、5ヶ月でランニング練習を再開できました。Q2.ここの治療院の良さ、施術の良さは何ですか?詳しく説明いただきながら、自分にあった治療をみつけて実施頂きました。Q3.当院に来てよかったと思ったのはどんな事ですか?一言で『症状が改善した事です。」Q4.同じ症状で悩まれている方への励ましのメッセージをお願いします。ゆっくりと先生の指示通りに治療してください。※あくまで個人の感想です。結果には個人差があり、効果を保証するものではありません

鍼灸治療について

整体のみでも足底筋膜炎を改善していくことはできますが、
鍼灸を併用した場合の方が治療成績が良いことが分かっています。

特に内臓の疲労などで足のむくみが強く出るような方は、
内臓の機能が低下して、全身の血液・リンパなどの体液循環滞っています。
特に50代以降の女性で運動していない方に多くいらっしゃいます。

整体でも内臓の調整ができるのですが、
内臓の機能低下の程度が強い方は鍼灸を併用した方が効果が高いです。

足底筋膜炎に対する当院の鍼灸治療は、
刺さない鍼の「てい鍼」と3本〜5本くらいの少ない鍼で施術しています。

優しい鍼なので、初めての方でも安心して受けることができます。

福岡市中央区で整体院をお探しの方へ

初めまして、「かんなり治療院」の院長の神成です。
2017年の3月までは東京で6年間開業しておりました。

これからの子育てのことなどを考えて、
2017年4月に福岡へ移住。

7月に福岡店舗をオープンすることができました。

当院では痛い・ツライからあなたを解放するのはもちろん、その先にある「本当はやりたいこと」。

その願望を叶えられるようサポートしていきます。

整体で単に肩こり・腰痛を改善するだけでなく、
心身がよくなることで『仕事に集中できて、毎日が楽しい』など、
みなさんの持っている可能性を引き出すために日々奮闘中です!

ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

はじめまして。日本みずぽっと体操協会 代表の鎌田です。
神成先生とは、私が主催しているセミナーでお会いしたのがきっかけでした。

神成先生とは、治療家の先生の中では珍しいのですが、他人や他の療法を批判しない、誰とでも自然に付き合える柔軟な考えを持たれている先生だなと感じたのが第一印象でした。

また、針をメインに治療されているのを聞き、かたいイメージを持っていたのですが、かなりの漫画好きで(笑)
一緒にいるだけで気持ちを和ませてくれる先生です。
(今通われている患者さんも、神成先生のお人柄に癒されているのではないでしょうか?)

もちろん、人柄だけでなく、技術の方も常に向上心を持って、鍼や整体の勉強をされているので、技術の方も安心ですね。

もし、痛みやしびれでお困りの方は、ぜひ、神成先生の治療を受けに行くことをオススメします。

日本みずぽっと体操協会
整体サロンピンポイント院長
鎌田恭平先生

雑誌・メディアにも掲載されています

雑誌「からだにいいこと」の内臓特集で内臓治療とセルフケアに関する取材を受け、
アドバイザーとして掲載されました。

福岡のラジオ局、コミュニティ天神に出演させていただきました。

最後に、足底筋膜炎・足の裏の痛みで悩むあなたへ


本格的にスポーツをしているアスリートの方も、趣味でスポーツを楽しんでいる方も、
足の裏が痛いと、思うようなパフォーマンスが出せずツライですよね。

もし、病院や他の治療院で改善しない足底筋膜炎でお悩みなら当院にいらしてください。
変わった治療ですが、きっとあなたの力にれます。

※かかとの中心部の痛みは、足底筋膜炎と診断されていても実際には違うことが多いです。
かかとの痛みについてはこちらのページを読んでください。

line

アクセス


地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩4分。
西鉄バス「法務局前」下車、徒歩2分。
天神駅から徒歩12分。
詳しい道順を見る

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る