当院の施術 その2 高麗手指鍼

こんにちは。
福岡の天神・赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

当院の施術法その2です。

当院で行なっている鍼灸治療の「高麗手指鍼」。

手に鍼やお灸による刺激を加えることで、
体全体を調整する治療法です。

こんな感じで内臓のツボが体に配当されてるんですね。

リフレクソロジーなどの足反射療法と違うのは、
体に流れるエネルギーの流通路である経絡も縮小化して手に表現されていることです。

ただ単に内臓のツボに刺激するだけでなく、
経絡の滞りが、「何によって」阻害されているかというのを調べて、
それに対する調整が、「手」のみで出来ます。

手だけで治療が完結するので、
体に鍼をする治療と違い服を着替える必要も無いという^^

冬は着替えるの面倒ですからね^^;
そういうメリットもあります。

ちなみに手に鍼をすると言うと・・・
「人の体で一番敏感な部分の一つとも言える手に鍼を刺すのか!!!」
と驚かれる方もいます。

同業者、つまり鍼灸師なんかは、
「ここに鍼を刺すと患者さんが痛がりやすいんだよな〜。」
とか知ってるので、より驚きます(笑

まあ、手に鍼を刺すんで、痛く無いって言うと嘘になりますよね。

ただそれだけ敏感な場所に鍼をするということは、
それだけ体にも影響を出せるってことでもあるんですね。

ホムンクルスって知ってますか?
こんなやつです。

これは脳科学者のペンフィールドさんが作ったものなんです。

この絵を見ると顔と手が異常に大きいですよね。

これは何を表してるかというと、
脳の大脳皮質の運動野と感覚野の多くは「手」と「顔」だということです。

逆を言えば、「手」や「顔」に鍼をすると、
脳に影響を与えて、体全体に作用しやすくなるというワケです。

こんなトコからも、手の鍼で全身を調整できることが分かります。

ちなみに先ほど書いた「ま、痛く無いと言ったら嘘になります。」について。

以前は片手に何十本も鍼を刺していたのですが、
最近は刺さらない鍼の「ていしん」でも同じように効果が出せるようになりました。

ですので、最近の当院の高麗手指鍼術は刺さない事が多いです。

刺した方が効果が高い場合もあります(検査して分かります)。
その場合は、患者さんに確認をとって、許可を得てから刺す手の鍼をします。

治療効果としては・・・

●頚椎疾患
●頭部の疾患(耳鳴り・めまいなど)
●内臓疾患(膵炎・糖尿病・腎臓病・腸疾患など)

が特に効果が高いです。

以上、当院の施術 その2でした。

The following two tabs change content below.
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。

最新記事 by 神成 恭太 (全て見る)