症例9 坐骨神経痛

こんにちは。
福岡の天神・赤坂の鍼灸・整体「かんなり治療院」の神成です。

今回は坐骨神経痛の方の症例。

K・Hさん 70代 女性 
7月に移転開業してすぐに来院していただいた患者さん。
もともと脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛で悩んでいました。

初めの6回くらい集中して治療して、
現在は長距離歩いてもそこまで問題ない状態。

ただ今回は、立ちっぱなしであったり、
椅子から立ったり、座ったりするときに
お尻〜ッモノ後ろにかけて「ジーン」とするような痛みが出るとのこと。
仰臥位で膝を立ててお尻を上げる動作でも同様の痛み。

「ジーン」の痛みを3Dスケーリングしてもらうと群青色。

施術)
座位でゆびゆら〜2セットで立ち座りの痛み消失
オウダサンシハン
ゆびゆら〜手1セット 足1セット
お尻上げの痛み消失。

あとは同居している娘さんの色を出してもらい、
ゆびゆらで透明化。

自分で簡単にできる簡易版セルフゆびゆらをお伝えして終了。

The following two tabs change content below.
アバター
1977年、茨城県水戸市で4300gの巨大児で産まれました。あまりの太っていたので、産まれた時から首が据わっていたみたいです(笑) 治療と漫画と海外ドラマが好きです。最近はワンピース、バキ、餓狼伝、ホジュン、アイリスなどが好きですね。