HOME症例集逆流性食道炎 › ある大学教員の逆流性食道炎の症例

No.032ある大学教員の逆流性食道炎の症例

患者情報
50代
男性
大学教員
初回来院
2021年09月
症状

主訴)
逆流性食道炎による胃のもたれ・喉の違和感・胸の灼熱感

1年ほど前に身内を亡くしてから、症状発現。
病院で薬を処方してもらいながら現在まで至るが、改善の兆しなし。

このまま一生、逆流性食道炎を患うのは嫌だと覚悟を決めて鍼治療を受けに来院。

治療内容と経過

●初診 2021 9/10

オウダサンシハンリモコン
CSFブロック 頸椎 胃調整

手の鍼〜脾+ 胃ー 心包ー 胃・食道・肝臓・胆嚢相点

印堂 公孫 太衝 外関

●2診目 1週間後

前回の施術後、症状が全体的に楽になったのが分かるとのこと。

内臓症状・自律神経症状の患者は、直後効果をすぐ感じる方と初めの数回は何も分からないが5.6回目から改善の兆しが見えてくる方の2パターンが多い。

この方は前者のパターンだったようである。

経過が良いようなので前回同様。

●3診目 1週間後

前回よりも良い状態。

同様施術。

●4〜6診目

経過が良いようなので同様の施術をしていたが、
今まで喉の詰まり感とは違う喉の症状が出始める。

首の前側、斜角筋部位のコリがとても強いので、
ルート治療を行う。

●7診目 1週間後

前回の施術直後は喉周囲の違和感が増し、2日間くらい続く。

その後、喉の症状減っていく。

直後の違和感が増すのは、コリが強く悪い部位は起こりやすい反応。
そのことをしっかり説明し同様施術。

●8診目 10日後

かなり良い。

まだオンライン授業などをすると頸前側・喉の違和感少し出る。

同様施術。

●9診目 2週間後

授業後の違和感減ってくる。

同様施術。

●10診目 2週間後

かなり良い。

同様施術

●11診目 4週後

4週間開けても悪化せず良い状況保てている。

今回で治療終了。

 

 

同時に治療した症状

首肩のこり

コメント

当初は手の鍼と体の鍼ともに、体の内部からコリを減らしていく手法をとっていた。

それでも十分効果が出ていたが、より外側残りの症状が浮き彫りになってきたと考えられる。
途中出てきた喉の違和感は外側のコリが浮き彫りになった症状。

手の鍼・体の鍼(経絡治療)は内側から効かせる内治法。
コリをとことん取っていくルート治療は外治法。

と、より認識が深まった症例。

お問い合わせについて

電話番号 0120-934-895

電話をかける

▲ページトップに戻る